科学を変革した10のコンピューターコード

   

デジタル細胞生物学』(2021年3月19日発行)を読み始めたら、「科学を変革した10のコンピューターコード」(Ten computer codes that transformed science 20 JANUARY 2021)の一つとしてImgeJが紹介されていました。

  1. Fortran compiler (1957年)
  2. Fast Fourier transform (1965年)
  3. IPython Notebook / Jupyter (2011年)
  4. arXiv (1991年)
  5. BLAS (Basic Linear Algebra Subprograms) (1979年)
  6. BLAST (Basic Local Alignment Search Tool) (1990年)
  7. Biological databases (1965年)
  8. NIH Image / ImageJ / Fiji (1987年)
  9. AlexNet (2012年)
  10. General circulation model of the climate (1969年)

自分もImageJは結構使いましたが、トップ10にノミネートされていたとは知りませんでした。

関連記事 ⇒ ImageJ / Fiji のダウンロード方法、インストール方法と使い方の一例

しかしコンピューターコードと言っても、10個を見るとカテゴリがずいぶんバラバラな印象です。トップはプログラミング言語のFORTRANでした。古い科学技術の教科書にはFORTRANのプログラムが掲載されているものがよくあります。Jupyterノートブックは自分もPythonを勉強する際に使っています。遠い昔、遺伝子の塩基配列決定の仕事をしていたときはBLASTは毎日使っていました。

 

参考

  1. Ten computer codes that transformed science 
  2. Nature誌が選ぶ「科学を変革したコンピューター技術10選」(2021年01月24日 23時30分 GIGAZINE)

 - Uncategorized