2019年ノーベル医学生理学賞はウィリアム・ケリン、ピーター・ラトクリフ、グレッグ・セメンザの3氏に

   




2019年ノーベル医学生理学賞はウィリアム・ケリン、ピーター・ラトクリフ、グレッグ・セメンザの3氏に贈られました。

The Nobel Assembly at Karolinska Institutet
has today decided to award
the 2019 Nobel Prize in Physiology or Medicine
jointly to
William G. Kaelin, Jr., Sir Peter J. Ratcliffe and Gregg L. Semenza.
for their discoveries of how cells sense and adapt to oxygen availability (PDF)

2019年ノーベル医学生理学賞発表の瞬間

Announcement of the Nobel Prize in Physiology or Medicine 2019 Nobel Prize

 

Sir Peter J. Ratcliffe

ノーベル賞受賞直後のピーター・ラトクリフ氏の電話インタビュー

 

 

ピーター・ラトクリフ博士の講演動画。
Elucidation of oxygen sensing pathways in human and animal cells // Peter Ratcliffe 2018/09/28 The Physiological Society

 

William G. Kaelin

ウィリアム・ケリンのレクチャー動画。
Signaling Pathways in Cancer Symposium: William Kaelin 2016/08/11 KochInstituteMIT

 

スポンサーリンク

Gregg Semenza

グレッグ・セメンザ(Gregg Semenza)が語る研究者の日常、研究はいかに進むか。

 

Gregg Semenza on the discovery of HIF-1 

下の動画は、生い立ちから研究の話までのロング・インタビュー。
JCI’s Conversations with Giants in Medicine: Gregg Semenza 2016/11/02 Journal of Clinical Investigation

 

参考

  1. Scientific Background How cells sense and adapt to oxygen availability (nobelprizemedicine.org)
  2. ノーベル医学生理学賞に米、英の3氏 「細胞の低酸素応答の仕組みの解明」(201/10/7(月) 18:42 毎日新聞 YAHOO!JAPAN) スウェーデンのカロリンスカ研究所は7日、2019年のノーベル医学生理学賞を米国とイギリスの3氏に授与すると発表した。受賞理由は「細胞の低酸素応答の仕組みの解明」。 受賞が決まったのは、米ハーバード大のウィリアム・ケリン教授▽英オックスフォード大のピーター・ラトクリフ教授▽米ジョンズ・ホプキンズ大のグレッグ・セメンザ教授。

 


 - ノーベル賞