論文捏造の元教授が退職金を返納

   




松原弘明京都府立医大元教授(56)は2013年2月に退職していましたが、府立医大在職中に発表した5論文でデータ捏造があり、懲戒免職相当と判断されていました。

参考サイト

  1. バルサルタン:臨床試験疑惑 論文捏造の元教授、退職金返納 京都府立医大が学長ら処分(毎日新聞 2013年10月12日
  2. 京都府立医科大学循環器内科、関西医科大学第二内科の松原弘明氏の論文での研究不正疑惑について(http://blog.goo.ne.jp/matsubaralaboratory

 - Uncategorized