Category: 医療過誤

死亡原因第1位心疾患、第2位がん、第3位は医療ミス。年間少なくとも25万人が医療ミスで死亡と米国ジョンズホプキンス大学の研究者が英医学誌BMJ誌に報告

医師が切除部位を間違えたり患者を取り違えたりといった医療ミスがこのほど、米国で心疾患とがんに続く3大死因に浮上する可能性があるという研究結果が、英医学誌BMJの最新号に発表された。…米国では年間少なくとも25万1454人が医療ミスで死亡していると研究チームは推計。この数字には自宅や老人ホームで死亡した症例は含まれないことから、実際の死者数はこれを大幅に上回ると推測している。米国人の死因、第3位は「医療ミス」か 推計25万人が死亡 ヤフーニュース / CNN.co.jp 5月4日(水)16時18分配信

In fact, the study, from doctors at Johns Hopkins, suggests medical errors may kill more people than lower respiratory diseases like emphysema and bronchitis do. That would make these medical mistakes the third leading cause of death in the United States. That would place medical errors right behind heart disease and cancer. (Medical errors may be third leading cause of death in the U.S. By Jen Christensen and Elizabeth Cohen, CNN Updated 0147 GMT (0947 HKT) May 4, 2016)

 

Medical error—the third leading cause of death in the US
BMJ 2016; 353 doi: http://dx.doi.org/10.1136/bmj.i2139 (Published 03 May 2016)

論文中の図によると、2013年のアメリカにおける死亡原因の第1位は心疾患で61万1000人、2位はがんで58万5000人、3位が医療ミスで25万1000人、4位はCOPD(Chronic Obstructive Pulmonary Disease 慢性閉塞肺疾患)で14万9000人、5位は自殺で4万1000人、6位と7位はそれぞれ3万4000人で銃器による死亡と交通事故死が同位に並んでいます。