屁っぴり虫を食べたあと吐き戻すヒキガエル

      2019/04/24




去年の論文ですが、面白い動画だと思ったので紹介。

屁っぴり虫を食べて後悔するヒキガエルの動画

Bombardier Beetles Squirt Boiling Anal Chemicals to Make Frogs Vomit | National Geographic

  1. Bombardier beetle escapes from a toad’s stomach after launching a chemical attack 2018/02/07 Science Magazine (YOUTUBE)

 

参考

  1. Successful escape of bombardier beetles from predator digestive systems. Shinji Sugiura and Takuya Sato. Biology Letters. The Royal Society Published:07 February 2018https://doi.org/10.1098/rsbl.2017.0647
  2. Toads Eat Beetles. Sometimes, Beetles Make Them Regret Their Meal Choice. (By Douglas Quenqua
    Feb. 6, 2018 The New York Times) For most prey, the game is over once they’ve been swallowed. But one species of beetle can escape from a toad’s stomach nearly two hours after being eaten, according to a new study.
  3. カエルの胃腸を「屁」で攻撃、嘔吐させる虫を発見 高温の化学物質を噴射するミイデラゴミムシ、驚異の生存戦略が判明 (2018.02.09 NATIONAL GEO GRAPHIC) カエルなどに食べられると、のみ込まれたあとにその「屁」を噴射して捕食者に吐き出させるという。しかも、この昆虫は両生類の消化管の中でもしばらく生き残れることが、神戸大学の杉浦真治、佐藤拓哉両氏の研究により明らかになり、2月7日付けの科学誌「Biology Letters」に発表された。
  4. ミイデラゴミムシの対カエル作戦 「飲み込まれても吐かれればいいや」 (中川真知子 2018.02.13 07:00 GIZMODO) 棘、毒、強靭な歯ーー、全ての生き物がなんらかしらの自己防衛策を持っていますが、日本に生息する比較的身近な虫が100度のガスを勢いよく噴射することを知っていますか。ミイデラゴミムシ(別名へっぴり虫、ゴミの近くで見かけられる)という甲虫がそれ。
  5. 「カエルに飲み込まれても」助かる方法とは (石田雅彦 2018/2/13(火) 12:14 YAHOO!JAPAN) 日本の神戸大学の研究者が英国の王立協会(Royal Society)が出している科学雑誌『Biology Letters』に発表した論文(※6)によれば、ヒキガエルが44分後に吐き出したヘッピリムシはいたってピンピンしていたという。 この研究者が用意したのは、ニホンヒキガエル(bufo japonicus)とナガレヒキガエル(bufo torrenticola)の2種だ。

 


 - 動物行動学