4文字言葉をツイートした若い女性がNASAインターンシップ取り消し

      2018/08/27




NASAのインターンに選ばれた若い女性が、嬉しさの余りツイッターで4文字言葉を使用。たしなめてくれたおじさんにさらに卑猥な言葉で返してしまい、それがネット上で大きな話題になってしまった結果、NASAの知るところとなり、インターンが取り消されてしまったそうです。

言葉遣いを注意してくれていた人は実はNASAの元エンジニアで、あの有名な自伝的小説「ロケット・ボーイズ」の著者ホーマー・ヒッカム氏でした。

ちなみに、ヒッカム氏は単にこの女性の言葉遣いを注意したかっただけで、インターンシップの取り消しの決定には一切関与していないと説明しています。

Later, I learned she had lost her offer for an internship with NASA. This I had nothing to do with nor could I since I do not hire and fire at the agency or have any say on employment whatsoever. (Social Media, Tuesday, August 21, 2018 Homer Hickam キャッシュされたページ)

事件の結末が気になりますが、この女性はその後ヒッカム氏と連絡を取り謝罪し、ヒッカム氏もこの女性が今回の一件が理由で今後不利益を被ることがないように、できるだけのことをしたいと述べています。

She reached out to me with an unnecessary apology which I heartily accepted and returned with my own. After talking to her and looking at her resume’, I am certain she deserves a position in the aerospace industry and I’m doing all I can to secure her one that will be better than she lost. (Social Media, Tuesday, August 21, 2018 Homer Hickam キャッシュされたページ)

 

 

参考

  1. NASAインターンが暴言ツイート → ネット民から「言葉に気をつけなさい」と諭されるも再び暴言 → 実はNASAよりも偉い人からの忠告だった → インターン中止に(小千谷サチ ROCKET NEWS24)
  2. Would-be NASA intern loses gig after vulgar tweet to NASA alum Homer Hickam, reports say
    (USA TODAY NETWORK Josh Hafner, USA TODAY Published 6:34 p.m. ET Aug. 22, 2018 | Updated 11:04 a.m. ET Aug. 23, 2018)
  3. NASA INTERN LOSES JOB AFTER ACCIDENTAL PROFANITY-LACED TWEET TO SPACE COUNCIL FELLOW(ANTHONY CUTHBERTSON@ADCuthbertson INDEPENDENT.CO.UK)

 - インターネットと社会