「 医療過誤 」 一覧

no image

東大病院で「不適切な情報の管理と取扱い」

  2018/12/28    医療過誤

東大病院の発表によると、東大病院において”不適切な情報の管理と取扱い”があったことがわかりました。 病院からのお知らせ 一部の報道機関における報道事案について 2018年12月07日 一部の報道機関において報道されております当院での治療経過における死亡事例につきましては、現在、医療事故調査制度に則り適正に手続きを進めております。なお、本件に関して、一部情報の管理と取扱いに適切ではないと思われる点があったことは誠に遺憾であり、速やかに当院にて厳正な対応を行ってまいります。東京大学医学部附属病院 http://www.h.u-tokyo.ac.jp/oshirase/archives/20181207.html  一部の報道機関と言及されているのは、シリーズ「検証東大病院 封印した死」を連載しているWaseda Chronicleと、東大で「手術死亡事故隠蔽事件」の記事を出した「選択」のようです。どちらの記事もネットで無料公開されています。   東京大学医学部に倫理や正義は存在するのでしょうか?存在しないのでしょうか? 212名無しゲノムのクローンさん2018/12/14(金) 20:52:44.99ID:FEvmhc29d 東大病院の今回の声明文を見ていると、オウムに走った医大生の気持ちがわからないでもない 219名無しゲノムのクローンさん2018/12/15(土) 02:37:58.82ID:DEhzxhjEa>>220 公益通報者を処分する方針をホームページのトップに載せる姿勢は誰がどう見ても狂ってる 220名無しゲノムのクローンさん2018/12/15(土) 09:01:04.06ID:R3OHdjsV0 >>219 「 患者が亡くなったことや、隠蔽したのはどうでもよいけど、 チクった奴がいるのは大問題だ、粛清しろ」 と言ってるわけだな。 (引用元:捏造、不正論文、総合スレネオ48) 報道によれば、医者の常識から考えればやってはいけない手術が東大病院循環器内科(小室一成教授)で行われた結果、手術16日後に患者さんが亡くなられたそうなのですが、死亡診断書には「手術なし」と書かれていたのだそうです。こわぃ。 重大な事件を伝えない大手メディア Ordinary_researchersが東大医学部論文の不正疑惑を指摘したときも、東大は一切の報告書を非公開にして「不正無し」の一言で逃げ切りをはかりました。自分としては、東大医学部から出た論文のグラフが全部デタラメだったことよりも、それを東大が不正無しとして完全に隠蔽しようとしたことのほうがはるかに驚きでした。さらに、大手メディアを始め、普段SNSで情報発信をしてる研究者がほとんど誰もこの東大の決定に異議を唱えなかったことにも、絶望的な衝撃を受けました。今回の事件は、捏造論文(実験結果≠論文のグラフを東大も認めているので、そう呼ばせてもらう)を出したラボで起きています。東大が捏造研究者らをきっちり追求して処分していれば、この事件は起きなかったかもしれないと個人的には思います。状況を理解しているはずなのに沈黙する医学者にも責任があるというは言い過ぎでしょうか?   国会での追及 ○足立信也君  資料を御覧ください。これは、私としては、何といいますか、同じ医療者として愕然とした、「選択」という、今月のものなんですが。 簡単に言いますと、拡張型心筋症で、もう心臓の機能が弱くなっているのを、カテーテルを使って、左心房と左心室の間のゆるゆるになった僧帽弁をちょっとクリップを掛けてということなんですが、これをやっていて、途中でうまくいかずに中断してやめた、その十六日後に亡くなったという事案ですね。これ、字が小さくて申し訳ないんですが、じっくり読んでいただきたいと思うんですけど。 私から言わせていただくと、これ、治療法の適用そのものがまず間違っている。それから、PMDAからの警告の条件がある。その条件にも反している。合併症を気付けなかった、そして説明をしていない。極め付けは、この裏かな、裏の方の左下、死亡診断書です。これ手術が途中でうまくいかずにやめちゃったからかもしれませんが、手術なしと書いてあるんですよ。これとんでもない事案だと私は思っているんです、このまま報道が事実であればですよ。とんでもないですよ。   ○足立信也君 この委員会にも医療関係者かなり多くいらっしゃいます。この報道が事実だとすると、これ完全に隠蔽ですよね。 もう十年以上前から、十五年ぐらいになりますかね、医療機関というのは、逃げない、隠さない、ごまかさないということで対応してきて信頼を勝ち取ってきた。その延長線上に医療事故調査制度があると、私はそのように捉えていますが、事実だとすると、これは、逃げる、隠す、ごまかすですよ。これはひどい。しかも、特定機能病院ですからね。 この教室、東大循環器内科、教授は小室一成さんです。まあここでどきっとされる方が結構いらっしゃると思うけれども、循環器学会の代表理事です。 それ、小室さんと聞くとディオバン事件を皆さん思い出すと思うんですが、五つの研究グループでデータ改ざんがあって、論文不正ですね、全部撤回したんですよ、五グループ。その一つのグループのリーダーですよ。先ほどチームリーダーとしての姿勢ということを門山政務官に石橋さん聞かれておりましたけど、リーダーの人ですよ。それ以外にもあと二件、三件告発されている人ですよ。 これは大変大きな事案で、これ東大がもし対処を誤ったら特定機能病院の指定の取消しまで行くようなことだと私は思いますよ。完全に隠して、違う説明をしている、報告もしていないとすればですね。これから、今問合せをしていると。だから、向こうが応じるかどうかも分からないような状況でね。 これは、医療界の皆さんは多分、こんなことが起きていたらということで、今まで積み上げてきたものが何だったという、相当な憤りを感じていると思うんですが、これも、まあ仮に事実だとして、大臣、今後どう対処されますか、あるいは副大臣。   ○足立信也君 小室教授、どんな人なのかなと思ってウィキペディアで見たら、自他共に認める東京大学医学部のプリンスと書いてあるんですね。脳卒中、循環器病対策基本法の成立に向けた活動を行っていると書いてあるんですね。 私のところにもお見えになりました。彼の先輩、後輩、医局員の方々のつながる人たちも私の方に連絡がありました。これは事実として申し上げますが。しかし、それと、法案については今後議論になると思いますけれども、それはそれとして、これは大変大きな問題、日本のトップの大学ですからね。そのことを重ねて申し上げておきます。 …