「 動植物 」 一覧

no image

クアッカワラビー「世界一幸せな動物 」に会える場所ロットネスト島

  2019/01/23    動植物

クアッカワラビーとは クアッカ(またはクオッカ)ワラビー(英語名:Quokka Wallaby 学名:Setonix brachyurus)はオーストラリアの南西部に生息していて、小型のカンガルーの仲間ワラビーの一種です。オーストラリア西海岸最大の都市パース(Perth)の沖にあるロットネスト島(Rottnest Island)に多数生息していることは有名です。なぜ「世界一幸せな動物」と呼ばれるのかというと、いつも笑っているような顔に見えるから。IUCN(国際自然保護連合)のレッドリスト(絶滅のおそれのある野生生物のリスト)では、Vulnerable (VU;危急種)という位置づけになっています。ちなみにクアッカの寿命は飼育されたものの記録で14年くらい。 AnAge entry for Setonix brachyurus(http://genomics.senescence.info) https://www.iucnredlist.org/species/20165/9156418 クオッカ(レッドリスト) レッドリストについて(WWFジャパン)   クオッカワラビーのビッグスマイル いつも笑顔のクオッカですが、特にビッグスマイルに見えるものをインスタグラムから拝借して紹介。             View this post on Instagram                     Quieres conocer …