「 月別アーカイブ:2014年10月 」 一覧

no image

ここが変だよ日本人の英語

  2014/10/18    研究力強化

研究力を強化するためには、研究者は英語で科学論文を執筆する能力を向上させる必要があります。しかし英語の作文能力はどうやって鍛えれば良いのでしょうか?英語力アップに役立つ、非常に教育的で興味深い記事を紹介します。 ”日本から論文が通りにくい原因に英語のまずさがある” 金谷健一のここが変だよ日本人の英語(第1回) 情報・システムステムソサイエティ誌 第7巻第3号(通算28号)(PDFリンク) ”日本人はtheを「つけるか、つけないか」に悩むが、そうではなく「何を指すか」が課題である。” 金谷健一のここが変だよ日本人の英語(第2回) 情報・システムステムソサイエティ誌 第7巻第4号(通算29号)(PDFリンク) ”一語ごと,一文ごとに英文に置き換えると,指すものと指されるものの関係が不自然になる.” 金谷健一のここが変だよ日本人の英語(第3回) 第8巻第1号(通算30号)(PDFリンク) ”高度な作文技術にチャレンジして論文の採択率を上げよう” 金谷健一のここが変だよ日本人の英語(最終回)第8巻第2号(通算31号)(PDFリンク) ”論文発表でも最後にThank you (for your attention)という.これは聴衆に感謝しているのではなく,「これで私の発表は終わりです」という合図である.” 続・金谷健一のここが変だよ日本人の英語(第1回)第8巻第3号(通算32号)(PDFリンク) ”日本人は英語にあり得ない音声パタンで話しながら,自分は流暢に話していると思い込んでいる.” 続・金谷健一のここが変だよ日本人の英語(第2回)第8巻第4号(通算33号)(PDFリンク) ”(l とr の区別)私が日本人の英語発表を聞いた限りでは,l のほうが問題が多いようである.” 続・金谷健一のここが変だよ日本人の英語(第3回)第9巻第1号(通算34号)(PDFリンク) ”他の単語と聞き違えられないように異なる母音や子音を「区別する」ことが個々の音をどう発音するかよりも重要である.” 続・金谷健一のここが変だよ日本人の英語(第最終回)第9巻第2号(通算35号)(PDFリンク) 参考 金谷健一のホームページ:その他の論文・解説記事等(和文) 金谷 健一 理数系のための技術英語練習帳 さらなる上達を目指して(共立出版 2012年)

no image

あなたがアカデミアで生き残れる確率をはじき出す「PI Predictor」

  2014/10/13    研究者の評価

研究者がアカデミックなポストに就くことが難しいのは、日本に限った話ではありません。就職の厳しさは世界共通の悩みです。 自分は果たしてPIになれるのだろうか?と自問するよりも、PI Predictorに聞いてみてはいかがでしょうか?PI Predictorは、あなたが将来PI(研究室主宰者)になれるかどうかを教えてくれる無料オンラインツールです。 あなたが将来PIになれる確率が約10秒でわかります。 (pipredictor.com) PI Predictorの使い方はとても簡単。あなたの苗字を入力し、自分が出した論文のPubMedID (各論文ごとにあるPMIDの数字)を列挙し、”Submit”ボタンを押すだけです。   PI Predictorのウェブサイトを利用するためには、自分の論文のPMIDを用意しておく必要がありますが、PUBMED検索結果の画面で(自分の論文以外がある場合は、自分の論文にチェックを入れ)、Display Settingsをクリックし、PMID Listを選択してApplyをクリックすれば、複数の自分の論文のPMIDが一括して得られます。 参考 Publication metrics and success on the academic job market (Current Biology Volume 24, Issue 11, pR516–R517, 2 June 2014)

小保方晴子氏、早稲田大学博士号取り消しに1年間の猶予期間

新しい記事⇒【小保方氏の博士論文について】早稲田大学 記者会見 2015年11月2日 [3時間3分2秒フル動画] 早稲田大学の鎌田薫総長は、小保方晴子氏の博士論文不正問題に関して1年間の猶予期間を設け、論文の訂正と再度の論文指導ならびに研究倫理教育を受ける機会を小保方氏に与え、再提出された学位論文が早稲田大学の博士学位論文としてふさわしいと判断されれば早稲田大学の学位を維持させると発表しました。期間内に訂正が完了しない場合には学位を取り消すとのことです。 早稲田大学博士号授与の根拠となった英文誌発表論文の取り下げという不測の事態でも起きない限り、博士号が維持される公算が大きいと言えます。小保方晴子氏も早稲田大学博士号維持へ向けて、論文の修正に努力する意向を表明しています。 <会見速報>小保方さんの博士号「学位を取り消す」早稲田大学が猶予付きの決定 14.10.07 (全録)小保方氏論文 早稲田大学が会見 理研の小保方 晴子氏が、早稲田大学の大学院時代に博士号を取得した論文に不適切な引用があった問題­で7日、大学が会見し、報告を行った。 (全録)小保方氏論文 早稲田大学が会見 質疑応答(1/2) 参考 小保方さんの博士号「学位を取り消す」早稲田大学が「猶予付き」の決定・配布資料(全文)(弁護士ドットコム2014年10月07日):”理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの研究ユニットリーダー小保方晴子さんの「博士論文」の不正疑惑について審査していた早稲田大学は10月7日、小保方さんの博士号について「学位を取り消す」と結論付けた。ただし、一定期間の猶予を設け、博士論文として適切なものに訂正された場合には、学位を維持するとした。” 小保方晴子さんの博士号、取り消し 早大「ただし1年間の猶予を設ける」- 記者会見全文 (ログミー logmi.jp 2014.10.07) <早稲田大>小保方氏の博士号取り消しも 指導教官ら処分(毎日新聞 10月7日):”早稲田大の鎌田薫総長は7日、記者会見しSTAP細胞論文(今年7月に撤回)の筆頭筆者である小保方晴子・理化学研究所研究ユニットリーダーが同大に提出した博士論文について、論文の訂正など大学側が提案した条件を満たさない場合は学位(博士号)を取り消す方針を決めた。小保方氏にも6日、伝えたという。” 小保方氏 博士号維持へ論文再提出の意向示す(東京スポーツ 2014年10月07日):”「著作権の問題であるとか、もろもろの不備を指導を受けて直していく。実験をやり直せということではないので。やった実験を適正に論文にキチッと落とし込む作業をして再度出します」(三木弁護士)と論文の修正について語っていた。” 小保方さん博士号剥奪危機 早大、異例の“執行猶予付き判決”のワケ (ZAKZAK BY 夕刊フジ 2014.10.08):”東京大の上(かみ)昌広特任教授(医療ガバナンス論)は、「導入部分のコピー・アンド・ペーストは一見すれば分かることで、指導教員は論文に全く目を通していない可能性さえある。常識では考えられない。教授陣の処分は退職が相当だろう。誰が責任をもって博士論文を読み、どの程度読んでいたのか、肝心の真相究明が全くなされていない」と厳しい。” 小保方さんは「シュレーディンガーの猫」状態?早大理工卒弁護士が「猶予処分」を分析(弁護士ドットコム 2014年10月09日):”博士学位を取り消すという結論に、『猶予』が付くのはイレギュラーです。普通ではありません。” 早大の小保方氏への処分は「意図的な時間稼ぎ」か?(日刊SPA! 2014.10.11):”難産の末のトリッキーな解決方法は、形式的に筋を通している点で、世論を意識したものです。しかも、学位維持という第三者委員会の結論を覆してはいるので、峻厳なものには見える。” 早稲田、小保方氏への処分は妥当? 甘い?(東洋経済オンライン 10月9日):”鎌田総長は「日本のサイエンスの信頼を失墜させたとまでは考えていない」と強い口調で語った。これに対し、国内外の研究者から「早稲田出身のポスドクは危険。あえて採用する気になれない」「日本のPh.D.は採用しない」とまで言われていることに対する危機感が弱いのではないか、と見る向きも少なくない。” 小保方氏の博士論文「猶予付き」取り消し 早稲田大の甘い判断(マイナビニュース 2014/10/08):”ある記者に「コピペは研究者として問題ないのですね?」と尋ねられた鎌田総長の回答は「場合による」というものでした。… 論文審査に加わっているはずなのに、その論文を読んでいないと発言したハーバード大学のチャールズ・バカンティ教授へのヒヤリングは、いまだに行われていないことが明らかになりました。” 早稲田大学博士論文不正問題 (ウィキペディア) 山本内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成26年9月2日:(問)科学新聞の中村です。STAPとかあっちの方面に関連して、大臣、今までいろんな会合で日本の博士の質が世界から信用されないんじゃないか といろんな場面でおっしゃっているかと思うんですけれども、日本の博士の質を維持するために科学技術政策担当大臣として、次の大臣にもこういうことをやっ てほしいというのはあるでしょうか。(答)最後の会見ですから、あまり思い切ったことを言ったらまずいと、慎重にということですが、一つ気になっていることは、早稲田大学の論文 の問題なんです。これは実は南カリフォルニアにIT政策担当大臣、科学技術政策担当大臣、知的財産戦略担当大臣として出張した際に、Caltech、カリ フォルニア工科大学でいろいろな方からお話を聞いたんですが、あまり細かなことは言いませんが、直感的に言ってこの早稲田の論文の問題をきちんと対応しな いといけないのではないかと。 …

no image

ノーベル平和賞授与決定を受けてマララさん(17歳)が行ったスピーチ

  2014/10/13    科学と平和

まだ17歳で、何もしていない若いマララさんにノーベル平和賞を授けるのはあまりにも早過ぎるのではないかという批判もあるようです。しかし彼女のスピーチを聞けば、彼女がいかに精神的に成熟しており、平和に対するコミットメントがいかに強いものであるかが良くわかります。 私には二つの選択肢しかありませんでした。 一つは、声を上げずに殺されること。 もう一つは、声を上げて殺されること。 私は後者を選びました。 当時はテロがあり、女性は家の外に出ることが許されず、女子教育は完全に禁止され、人々は殺されていました。 Raw Video: Malala Yousafzai’s entire Nobel prize speech マララさんのスピーチ全文(英文) (読売新聞YOMIURI ONLINE) マララさんのスピーチ全文(日本語訳) (読売新聞YOMIURI ONLINE) 参考 マララさん授賞に「あまりに若すぎる」 委員長「権利の代弁者だ」と反論 (産経新聞 10月11日(土)):”一人の記者が発表の後、挙手して「マララさんはあまりに若すぎる。まだ未来がある身であり、期待感で授賞するのはどうなのか」と疑問を投げかけた。”

2014年ノーベル物理学賞受賞者中村修二氏、天野浩氏、赤﨑勇氏らはいかにして青色LEDを作り出したのか?本人が語る研究開発・製造、製品化秘話

  2014/10/11    ノーベル賞

中村修二氏のストーリー (日経テクノロジーオンライン) 第1回:装置は自作で部材は再利用,語るも涙の開発課員時代 第2回:失意の帰国,ゼロからの出発,装置の改造に明け暮れる日々 第3回:苦節十余年,事態一転,怒涛の快進撃が始まる 第4回:関門突破,いよいよ製品化,余勢をかって一気にレーザも 最終回:GaN系青色発光ダイオードの発明について (The Takeda Award Forum 2002) 「窒化ガリウム青色発光デバイス商品化におけるブレイクスルー」 (著作) 2004年 中村 修二 怒りのブレイクスルー―「青色発光ダイオード」を開発して見えてきたこと (集英社文庫) 2004年 中村 修二 大好きなことを「仕事」にしよう (ワニブックス) 2002年 中村 修二 好きなことだけやればいい(バジリコ) 2001年 中村 修二 怒りのブレイクスルー―常識に背を向けたとき「青い光」が見えてきた(ホーム社) 2001年 中村 修二 考える力、やり抜く力 私の方法(三笠書房)   天野浩氏のストーリー (The Takeda Award Forum 2002) 「窒化ガリウム青色発光デバイス開発現場における苦闘と情熱」   赤﨑勇氏のストーリー (The Takeda Award …

no image

中村修二 講演会

  2014/10/11    ノーベル賞

中村修二教授特別講演会 平成22年9月6日(月)に山形県立興譲館高等学校記念講堂で開催された中村修二教授­特別講演会 Prof. Shuji Nakamura Harvey Prize Recipient 2009

赤﨑勇 青色発光ダイオード開発物語 ~ その人と仕事

  2014/10/11    ノーベル賞

青色発光ダイオード開発物語 (1)青色発光ダイオード開発物語~赤﨑勇 その人と仕事~  

no image

2014年ノーベル物理学賞は青色発光ダイオードを開発した赤崎勇名城大教授(85)、中村修二米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)、天野浩名古屋大教授(54)の3氏に

  2014/10/08    ノーベル賞

20141007 ノーベル物理学賞 赤崎教授、天野教授、中村教授へ授与 Announcement of the Nobel Prize in Physics 2014 Nobel Prize Winner Prof Nakamura Talks un-cut 1(14/10/08) Nobel Prize Winner Prof Nakamura Talks un-cut 2(14/10/08) ノーベル物理学賞 赤崎勇氏 会見ノーカット 01(14/10/08) ノーベル物理学賞 赤崎勇氏 会見ノーカット 02(14/10/08) ノーベル物理学賞 赤崎勇氏 会見ノーカット 03(14/10/08) ノーベル物理学賞 赤崎勇氏 会見ノーカット 04(14/10/08) ノーベル物理学賞 赤崎勇氏 会見ノーカット 05(14/10/08) ノーベル賞・天野教授「世の中に少しは役立ったことが認めら…(14/10/08) 赤崎 勇教授に、天野 浩教授について聞きました。(14/10/08) 天野 浩教授に恩師・赤崎 勇教授について聞きました。(14/10/08)   参考  青色LEDの開発、過去には訴訟にも発展(TBS系(JNN) …

no image

2014年のノーベル医学生理学賞は英ロンドン大学のジョン・オキーフ(John O’Keefe)教授(74)、ノルウェー科学技術大のマイブリット・モーセル(May-Britt Moser)教授(51)、エドバルト・モーセル(Edvard Moser)教授(52)(夫妻!)の3氏に

  2014/10/07    Uncategorized

2014年のノーベル医学生理学賞はジョン・オキーフ(John O’Keefe)教授(74)、ノルウェー科学技術大のマイブリット・モーセル(May-Britt Moser)教授(51)、エドバルト・モーセル(Edvard Moser)教授(52)(夫妻)の3氏に 参考 The Nobel Prize in Physiology or Medicine 2014 John O’Keefe, May-Britt Moser and Edvard I. Moser ”for their discoveries of cells that constitute a positioning system in the brain (nobelprize.org) ノーベル医学生理学賞、オキーフ教授ら3氏に 脳のGPS発見 (MSNニュース) John O’Keefe is known for …

no image

【全録速報】 理研・遠藤高帆研究員が記者会見~STAP細胞のデータ解析を説明 2014.10.01

【全録速報】 理研・遠藤高帆研究員が記者会見~STAP細胞のデータ解析を説明 2014.10.01 参考 「STAP論文の説明は成立しない」理研・遠藤氏がデータ解析で指摘(要点資料全文)(弁護士ドットコム2014年10月01日):”STAP細胞のデータ解析をしていた理化学研究所統合生命医科学研究センター・統合ゲノミクス研究グループの遠藤高帆氏が10月1日、記者会見を開き、分析結果を報道関係者向けに発表した。” STAP細胞論文の疑惑を指摘した遺伝子発現解析結果が、論文として日本分子生物学会誌Genes to Cellsに掲載