「 月別アーカイブ:2013年07月 」 一覧

no image

データ捏造の手法

  2013/07/30    Uncategorized

加藤茂明研究室から出た数多くのデータ捏造論文の中でもその悪質ぶりで一際目立つものの一つがこの論文Kitagawa et al. The chromatin-remodeling complex WINAC targets a nuclear receptor to promoters and is impaired in Williams syndrome. Cell. 2003 Jun 27;113(7):905-17.です。この論文は2012年3月30日に撤回されました。 加藤茂明先生がおっしゃられたような「図表を良く見せるためのお化粧」などではなく、のっぺらぼうの顔に目、鼻、口を全部付けたようなデータ捏造ぶりといえるでしょう。 http://blog.goo.ne.jp/bnsikato/e/09c0b28c9c5d04b3bd1e531612e6eb4a(11jigen氏の画像解説記事)