「 事故 」 一覧

no image

いざというときに命を救ってくれるはずのエアバッグに逆に命を奪われる危険性

  2014/11/21    事故

エアバッグの異常が原因と思われる事故で死亡者が5人、負傷者は100人以上にも上るというアメリカでは、エアバッグ製造メーカーのタカタや事故車の大半を占めるホンダに対する憤りが大きくなっています。2014年11月20日に米議会の公聴会が開かれ、タカタ社やホンダの幹部が厳しく追求されました。 今現在も異常なエアバッグが装着された車を運転している多数のドライバーが危険にさらされた状態にあり、タカタとホンダは批判の矢面に立たされています。 2013年にフロリダで、2002年式ホンダシビック運転中に事故に遭った女性Stephanie Erdman氏は、エアバッグが開いたときに破裂した金属部品が飛んで顔面に突き刺さり、死ななかったのが不思議なくらいという大怪我しました。彼女は証人として今回の公聴会で証言をしています。 CBS News – Defective Airbags 下の動画は、命を守るべきエアバッグが殺人兵器になっていると憤る米上院議員Bill Nelson氏。また、2001年式のホンダシビックを運転中に交通事故に遭いエアバッグの異常な破裂により右眼を失ったフロリダ州のCorey Burdick氏はタカタ社とホンダ社に対して訴訟を起こしています。 Sen. Nelson calls for recall of reportedly dangerous airbags 参考 エアバッグ:タカタ、不信払拭できず…米公聴会(毎日新聞 2014年11月21日):”委員の関心は、リコールが始まった2008年11月の数年前から、タカタが欠陥を把握していながら、隠蔽(いんぺい)したのではないかとの疑惑に集中。清水本部長は05年5月に最初の事故の報告を受けたことを明らかにしたが、「当時、欠陥を示す証拠はなかった」と疑惑を否定した。” タカタのエアバッグ問題で米公聴会 リコールまでなぜ3年 (日本経済新聞 2014/11/21):”自動車部品メーカー、タカタの幹部がエアバッグの品質問題を巡って初めて公の場で発言した米上院公聴会。” Takata airbag victims looked like they had been shot or stabbed (By Chris Isidore …