「 科研費獲得・申請書の書き方 」 一覧

採択される科研費申請書の書き方22のヒント

【注意】科研費の申請書は研究者が個人的にJSPSにに提出するものではありません。所属機関・大学を通じた提出になります。したがって、研究者は、JSPSのウェブサイトにある締切り日時ではなく、所属大学・機関の締切り日時を守る必要があります。 科研費獲得の方法とコツ 改訂第7版 科研費 採択される3要素 第2版 いかにして研究費を獲得するか 令和3年度の全大学ランキングを知りたい人はこちら ⇒ 令和3年度(2021年度)の新規科研費採択件数大学ランキング   文部科学省の科学研究費補助金(科研費)は、研究テーマの自由度が最も高く、全ての研究者にとって非常に重要な外部資金です。研究領域や研究テーマが予め指定されているトップダウンの研究費とは異なり、誰にでも研究資金獲得のチャンスがあります。 そこで、初めて科研費を出す人、まだ一度も科研費が当たったことがない人に向けたアドバイスを、自分の経験とネット上の情報を纏めて書きました。「基盤(C)」や「若手」といった少額の研究種目を想定しています。 科研費獲得の方法とコツ 改訂第7版 科研費 採択される3要素 第2版 いかにして研究費を獲得するか 採択される申請書の条件:研究目的を明確に伝える~作業仮説を示す~ 科学は「仮説の検証」の繰り返しで作り上げられていくものです。研究の提案は、「仮説の検証」の形をとるのが典型的なやり方です。ところが、日本の科学教育ではあまり仮説をもつことの重要性が強調されてこなかったように思います。研究目的に書くべき事柄は、「申請者はどんな仮説を立ててそれをどうやって検証するのか」です。これを明確に伝えられない場合、何がやりたいのか不明瞭な申請書になる可能性が高いでしょう。 中学校の教科書で教えている仮説駆動型研究が、なぜか、実際に研究を始める大学院ではほとんど教えられていないという日本の現状は憂うべきものです。 中学理科の教科書が教える仮説駆動型研究 科学における仮説とは何か 論文から学ぶHypothesis-driven research 仮説駆動型でないタイプの研究も勿論ありえますが、何か興味深い生命現象のメカニズムを探ることを科研費研究として行いたいのであれば、仮説が書かれていない申請書というのは考えにくいと思います。   採択されるための早道:書いたものを他人に見せる 科研費に採択されるための最良の方法は,「書き上げた申請書を誰かに見せて添削してもらうこと」だと思う.見てもらう人が採択経験豊富な人ならなおよい.そういった人に申請書を見てもらって何度も何度も直すのが一番よい方法だ.(小噺その10:科研費に採択されるための最良の方法 Smart Lab Life 羊土社) 今回初めて科研費を申請する人や、毎年出し続けているのに採択されない人は、ひとりよがりな申請書を書いてしまっている可能性が(極めて)大です。研究内容以前の話として、申請書の書き方がなっていないというだけの理由であっさりと不採択になっている人がかなりの数に上ると推測されます。業績もある程度あり、研究のアイデアや熱意もあるのに、それが全く計画調書に表現されていないだけで不採択を食らいに、本人はそのことに全く気付けていない、といのは実にもったいない話です。 頭の中のアイデアと、自分が書いた申請書が一致していればいいのですが、アイデアを文章化することが実は非常に難しく、多くの申請書において、 自分の頭の中にある研究のアイデア ≠ 自分が書いた申請書 となってしまっています。これを改善するためには、とくにかく、誰かに読んでもらって指摘してもらうしかありません。(科研費に採択されるための戦略的な申請書作成方法 プロローグ akira 2021/04/23 16:50 note.com) …