「 研究の進め方 」 一覧

no image

実験の正しい進め方 ポジコン、ネガコンの重要性

一生懸命実験しているのに、研究が先に進まないことがあります。その理由として、実験のデザインがそもそも賢くない、”ぬけている”という可能性があります。そんな非効率な実験をしてしまわないための、非常に教育的なツイートやウェブの記事を紹介します。ラボできちんとした教育を受けられない学生でも、いまどきSNSから情報を拾うことができれば救われるかも。   研究するにあたって無駄な実験をしてしまわないための基本的な考え方 「急がば回れ」ということわざが研究においても真理ですね。次のラボミーティングは自分が発表する番なので、それまでに結果を出したいと思って焦って、当たればラッキー的な実験デザインを組んでしまうと、一歩進むつもりが二歩下がるだけです。 複数ステップを踏む実験の場合、各ステップごとに結果を確かめる、各ステップごとにポジコン・ネガコンを置くということが重要です。複数のステップを途中のチェックなしに一気にやってしまうと、うまくいかなかった場合には、結局、一番手前まで戻ってやり直すハメになります。 コントロール実験がうまくいく実験系を立ち上げることができれば、とりあえずそれだけでもラボ内では十分な成果でしょう。 測定系のポジコンとネガコンは取れた。今日は、それだけでも満足に近かった。 — plume (@irplume) 2010年5月18日 僕なんて「実験は基本的にうまくはいかないものだ」とまず考えます、そして上手くいかないことを前提にたくさんのトレースできるコントロールを置いて、実験が上手くいかないにしても必ず情報が得られるように仕組んでおくのです。そして、数回で見たい現象をみる条件を見つけられたりしますね。 — 🗝p🗝km (@tkmpkm1_mkkr) 2019年6月1日 ポジティブ・コントロールがない場合、実験自体がうまく行ってなかった場合でもうまく行かなかったことが分かりません。例えば、温度制御が設定と異なっていた、停電があって、きちんと温度が保持できなかった、試薬を添加したつもりが添加していなかった、試薬自体が不良品だった、というような場合には、実験自体が成り立ってなくて正しい結果が得られません。うまく行かなかったとしても、それは実験系自体の問題であって、アイデアが間違っていたとは限りません。 また、何もしてないネガティブ・コントロールでも、実験の条件によっては一見効果が出る場合もあり得ます。だとすれば、ネガティブ・コントロール無しでできた、と思っても、実際にはできていませんから、実験のアーティファクトで、再現性の無い実験になってしまいます。(コントロール(対照試験)の無い実験に基づく発明の特許性 2013/04/14 2017/02/01 大平国際特許事務所) 研究が成功しないのは ①ポジコンやネガコンがなく、出た結果が実験として成立していない場合 ②考えた仮説が検証により、解決できないモノである場合 つまり、しっかりポジコンやネガコンをとって、仮説を細分化し Yes or No で言えるモノにし、積み上げていけばいい!! — masayuki nakano (@cannakanoM) 2011年10月14日 どうして、実験のポジコン、ネガコンが取れてない実験をやるんだろう・・・? — hashishu (@Sh_hs) 2008年10月1日 条件はそれでよいのか、ネガコン、ポジコンは正しく置かれているか (はじめての実験ノート: 書くべき必要事項 九州大学付属図書館) …