「 感染症 」 一覧

no image

風疹(ふうしん;三日ばしか;みっかばしか;rubella; German measles)

  2019/04/30    伝染病・感染症, 感染症

三日ばしか(風疹)とはしか(麻疹)との違い 「はしか:麻しん」と「三日ばしか:風しん」を混同している人が多くいますが、この2つは全く別の疾患です。(学校における麻しん対策ガイドライン mhlw.go.jp) 三日ばしかと呼ばれるのは風疹であって,はしかではない。(コトバンク) 発疹は3-5日程度で消失するため”三日はしか”とも呼ばれます。(風しん(三日はしか)について 2018.06.01 こどもとおとなのワクチンサイト)   風疹とは 風疹ウイルスに感染してから14~21日の潜伏期間の後、発熱とともに全身に淡い発疹が出現します。通常3日程度で消失し、麻疹(はしか)のように発疹のあとが長く残ることはありません。一般に三日ばしかとも呼ばれている病気です。発熱は麻疹のように高熱が続くことは少なく微熱程度で終わることも多くあります。またその他の症状としては耳の後ろや頚部あるいは後頭下部のリンパ節が腫れることも特徴です。通常は数日で治癒する病気ですが、稀には、1.に挙げたような重篤な合併症を併発することがあります。(風しんの予防接種を受けましょう IDSC 国立感染症研究所 感染症情報センター)   風疹の症状 主な症状は、発熱、発疹、リンパ節腫脹です。通常、軽度の発熱とともに発疹が出現します。発疹は顔面から始まり、全身に広がります。リンパ節腫脹は、後頭部、耳後、頸部に目立ちます。 (風しん(3日はしか) 和歌山市感染症情報センター ) 主な症状として発熱、発疹、リンパ節腫脹がみられますが、不顕性感染(感染しても症状が出ない)で終わることも多いのが特徴です。(風しん(三日はしか)について 2018.06.01 こどもとおとなのワクチンサイト)   風疹に関するニュース・報道 風疹流行に関する緊急情報:2019 年 4 月 17 日現在 国立感染症研究所 感染症疫学センター 2019 年第 15 週に 64 人が風疹と診断され報告された。遅れ報告も含めると、第 1~15 週の風疹累積患者報告数は 1,276 人となり、第 14 週の 1,202 人から 74 人増加した(図 1)。 風疹急増に関する緊急情報(2019年)(NIID 国立感染症研究所)   …

no image

2019年4月インフルエンザBが流行の兆し

  2019/04/17    感染症, インフルエンザ

風邪が治らないのでインフルエンザだと困るなと思って、病院に入ったらやっぱり風邪だと言われました。それはともかく、巷では今、インフルエンザBが流行っているそうです。   インフルエンザBが流行の兆し 下のグラフは東京の集計ですが、赤線が今年のインフルエンザ患者の数。青いグラフは比較のための2018年のグラフ。横軸は年度の何週めか。2018年12月31日(月)~2019年1月6日(日)が第1週となっています。2019年の第15週は、2019年4月8日(月)~2019年4月14日(日)の一週間。集計された最近2週間で赤いグラフが上向きに伸びており、新たなインフルエンザの流行の兆しに見えます。 縦軸は、人/定点。この単位は若干わかりにくいですが、「定点」とされている医療機関あたりの患者の報告数の平均のようです。 首都圏でインフルエンザ患者増、3都県で再流行 – B型による学級閉鎖の報告も (2019/4/18(木) 18:40配信 CBnews) 8日から14日までの1週間の1医療機関当たりの患者報告数は、埼玉県が前週比約35%増の1.44人、東京都が約26%増の1.35人、千葉県が約32%増の1.12人、神奈川県が約26%増の1.01人となっており、いずれも流行開始の目安(1.0人)を上回っている。 東京都内の保健所管内別では、中野区が4.7人で最も多かった。同区は感染症発生動向調査の週報で「再度のA型およびB型の散発発生が起こっている模様」と説明している。 東京都内でインフルエンザ再流行、B型か  2週連続で患者報告数が増加、中野区が最多(2019年04月17日 13:50 医療・介護の総合情報サイト CB news)東京都のインフルエンザ患者報告数が2週連続で増えたことが17日、都がまとめた1週間の患者報告(8-14日)で分かった。 インフルエンザB型が流行しています(2019年04月17日 17時30分 亜細亜大学 所在地 〒180-8629 東京都武蔵野市境5-8)現在、亜細亜大学の学生の中でインフルエンザB型が流行しています。全国的にみると患者数は減少していますが、本学においては新学期に入りインフルエンザ罹患の報告が急増しています。今後、大きな流行へと拡大する可能性があるため、各自が予防対策をお願いします。 14都県でインフルエンザ患者増、B型流行か 厚生労働省が発生状況を公表(2019年04月13日 12:00 CB news)インフルエンザの患者報告数が東京や神奈川などの14都県で増えたことが、厚生労働省が12日に公表したインフルエンザの発生状況(1―7日)で分かった。 感染症トピックス/定点当たりとは(広島市)インフルエンザや流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)などの流行状況を評価するときに、「定点当たり報告数」という言葉を使います。(中略)インフルエンザや流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)など24種類の感染症は、定点把握対象疾患といい、医療機関の中から選定し、協力していただいている 定点医療機関からのみ報告されます。 名古屋市内のインフルエンザ流行状況(名古屋市) インフルエンザウイルス検出状況の表(2018/2019シーズン)(札幌市)4月10日現在、AH1pdm09型が26件、AH3(香港)型が66件、B(Victoria)型が2件、B(Yamagata)型が1件検出されています。 福岡県 週報(報告数・定点当たり報告数) インフルエンザ流行レベルマップ NIID 国立感染症研究所   インフルエンザAまたは特定されていないインフルエンザ流行のニュース 今週の診断件数:188件・・・ただいま第16週 MLインフルエンザ流行善戦情報DB 静岡市 市内の定点医療機関あたりの患者報告数 定点当たり患者数(人) 12週(3/18-3/24) 0.28 13週(3/25-3/31) 0.76  14週(4/1-4/7) 1.80 15週 (4/8-4/14) …