「 味覚 」 一覧

食感を表す日本語

  2018/11/04    味覚

味覚は、甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の5つが基本味とされていますが、食べ物を口に入れたり噛んだりしたときの食感も、食べ物を味わう際の重要な情報です。口腔内の触覚情報と基本味の情報が脳内で同時に処理されることにより味覚が作り出されていると考えられます。 日本の食文化の豊かさの表れでしょうか、日本語には食感を表現するオノマトペ(onomatopee 擬声語。擬音語と擬態語)が数多く存在します。Eテレの番組『ろんぶ~ん』で、味覚が取り上げられたのに合わせて、食感を表現したオノマトペの用例をいくつか見てみます。ろんぶ~んで取り上げられた論文だけでなく、味覚を表す日本語に関する論文は非常に数多く執筆されています。 【カリカリ】今まで食べたことのないコクのあるカレー味です。エビが嫌いな自分にも満足でき、なんといってもカリカリ感の触感が素晴らしい。(岩塚製菓 大人のえびカリ 95g×12袋 アマゾンレビュー) 【くにゅくにゅ】冬のメジナは皮と身の間に、たっぷりと脂がのっています。美味しい脂と皮を食べる刺身がコレ! プルプルくにゅくにゅした歯応えと、たっぷりの旨味を堪能してください。(メジナの三枚おろし 美味極楽) 【コリコリ】振りナマコは、塩でヌメリを振り落としたもので、生のコリコリとした食感が特徴的です。(青ナマコ酢!振りナマコと茶振りナマコ!? 酒器と料理で美味しくなるお酒) 【シャクシャク】一度食べたらやめられない!!軽くてシャクシャク、おいしいラングドシャです★何度も焼くのは手間がかかるけど、出来たときの喜びはひとしお(シャクシャク★ラングドシャのシガレット クックパッド) 【しゃりしゃり】ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社は、果肉食感飲料「ほおばる果実」シリーズより、「つぶたっぷり贅沢みかん」「サクサク角切り贅沢りんご」に続く新たなフレーバーとして、「しゃりしゃり贅沢梨」を2018年8月20日(月)より新発売します。… 果汁にはみずみずしい味わいが楽しめる“和梨”を使用し、果肉にはしゃりしゃり食感が楽しめる“雪梨”を使用するなど、素材にこだわりました。新商品「しゃりしゃり贅沢梨」は、まるで梨をほおばっているかのような味わいで、小腹を満たすとともに贅沢な気持ちにさせてくれます。(2018年08月17日 商品・CM・キャンペーン~梨のしゃりしゃり食感で、新たなおいしさ~「しゃりしゃり贅沢梨」2018年8月20日(月)より全国で新発売 POKKA SAPPORO) 【ふかふか】原材料にこだわった食パンは、老若男女問わず大人気!もちもちふかふかの食パンは、一度食べたら幸せ気分が味わえますよ。(ふかふか食感に夢心地!全国進出の食パン専門店「一本堂」とは macaroni) 【パリポリ】昆虫だってからっからに乾燥してパリポリさせれば香ばしくってうまいものなのかもしれない。(パリポリといけるか!?米アマゾンで素材本来のおいしさを堪能できそうな「ミミズのジャーキー」が売られている件 2018年04月04日 カラパイア) 【ぽくぽく】強火で水分を飛ばしたカボチャはぽくぽくで美味しいですよ。(cookpad.com) 【ほこほこ】じゃがいもをよくいためることで、煮崩れしにくくなり、ほこほこに仕上がる(plaza.rakuten.co.jp/airballoon) 【ポソポソ】たくさんいただいた大きなリンゴがポソポソしていて、そのままだと美味しくありません。(ぽそぽそしたリンゴ  とくっち.com) 【ポニョポニョ】おまんじゅうのような見た目のシュークリーム「ポニョポニョ」(1個150円)。多いときで1日1万個を売り上げるというこのポニョポニョは、押すと跳ね返ってくるポニョポニョとした弾力のある生地が人気で、モチモチのシュー生地からあふれ出すとろとろのカスタードクリームが口の中で一体になると、自然と笑顔がこぼれるという一品。(gnavi.co.jp) 【もっちり】いつものカントリーマァムよりもっちりしているような気がしました。(不二家 カントリーマアム 香るさくら 袋8枚 もぐナビ)   参考 ろんぶ~ん 「食欲の秋」に読みたい論文。日本語食感表現のすべて&食欲の正体? Eテレ 2018年11月8日放送 番組サイト 日本語テクスチャー用語の収集 早川 文代, 井奥 加奈, 阿久澤 さゆり, 齋藤 昌義, 西成 勝好, …