「 原子力エネルギー 」 一覧

福島第1原発で起きたこと 今中氏のセミナー

2011年3月11日の福島第一原子力発電所事故から5年: 5年前に福島第1原発で起きたこと (今中 哲二 氏のセミナー動画) 2011年(平成23年)3月11日14時46分に東北地方太平洋沖地震が発生し、津波に襲われた福島第一原子力発電所では非常用電源も含めて全ての電気が止まりました。その結果、炉心を冷却して発熱を止めることができなくなり、炉心溶融(メルトダウン)に至る大事故となりました。 5年前に福島第1原発で起きたことおよびこれまでの5年間を考えるための参考になりそうな、最近行われた市民向け講演会の動画を紹介します。講師は京都大学原子炉実験所の今中哲二氏。 ----- 勉強会 『事故直後の被曝量をいまから見積もる試み:飯舘村といわき市』 NPO法人いわき放射能市民測定室 たらちね 講師:京都大学原子炉実験所 今中哲二 先生 今中哲二 勉強会 2016年1月31日 (本論の始まり 8:30-) 今日の話題 1.5年前に福島第1原発で起きたこと (8:55-38:33) 2.飯舘村での初期被爆評価プロジェクト:結果と宿題 3.いわき市での初期被爆評価について:これからの構想 1.5年前に福島第1原発で起きたこと (* 完全な文字起こしではありません) 地震、津波、運転停止 8:55 まず、5年前に起きたこと。福島第一原発で大変な事故が起きました。3月11日14時46分地震が発生。1号機、2号機、3号機が運転中。 10:05 地震が起きたときの、原子炉の非常事態の3つのスローガン:「止める、冷やす、閉じ込める」 11:58 震源の距離は180km、地震が起きました。制御棒が自動的に原子炉に入って原子炉は止まった。「止める」にはこの3つは成功しました。地震で原子炉があるのはちょくちょくある話です。 11:40 そのときにこの原子炉で何が起きたかというと、原子力発電所は普段は電気を作って外へ出しているわけ。地震で1,2,3は停まってしまった。4,5,6(号機)も動いてなかったということになると電気がなくなるわけです。そういうとき外から電気を持ってきます。外部電源。送電線があって、この発電所の場合2系統+予備で3つ、それが全部やられた。送電線のタワーが地震で倒れ、変電所の碍子が地震で壊れて、電気を受けられなくなった。ひとつの緊急事態です。そこまでは日本の原発は対策は考えていた。そういうときに備えて、非常用発電機、ディーゼル発電機を備えている。 13:00 ディーゼル発電機が予定通り動き始めた後に起きたこと、津波ですよね。15時35分、36分、37分と何回かにわけて津波が来た。 13:30 この発電所の非常用発電機がどこにあったか?原子炉が入っている原子炉建屋というのがこの四角の建物、長細いのは電気を起こすタービンが入っているタービン建屋。非常用発電機は、このタービン建屋の地下にあった。 14:00 この発電所の津波対策は5.7m。そこに10mを越える津波がきて、全部水浸しになって非常用発電機も止まってしまった。本当に深刻な事態が始まってきたということになります。 非常用電源、メルトダウン 14:26 福島原発事故も、原子炉の安全性に責任を持っている人たちが「原発は危ないものだ」と本当に思っていたら、簡単に回避ができた。なぜならば、この非常用発電機をちょっと山のほうに置いておくとかすれば回避できた。ここに10mをこえる津波が来るかもしれないよという警告はずいぶんまえからされていた。 15:04 吉田調書を読んでいくと、「2008年に、東電内部チームから、福島原発で10mを越える津波の可能性の報告があった」。結局全部それを握りつぶしてきた、ということがこの事故につながったんだろうと思います。そういうことで人災であることは間違いない。 15:38 結局、3月12日、1号機で水素爆発、3月14日に3号機で水素爆発。冷やせなくなって。電源がなくなるということは、ポンプを回せなくなる。ポンプを回せないということは、水が送れない。 16:04 ちょっとややこしい話なんですけれども、核分裂の連鎖反応は止まっているんですよね。日常生活で火が燃えているところに水をかけたら火が消えて発熱は終わります。原子炉が厄介なのは、核分裂の連鎖反応が止まっても発熱は続いている。これはどいう発熱かというと、莫大な量の放射能が溜まっているんですよね。ウランが核分裂を起こすと、核分裂生成物これが非常に放射能が強い。放射能が強いということは放射線を出しているわけ。アルファ線、ベータ線、ガンマ線という言葉を聞かれたことがあると思いますが、それぞれ強いエネルギーを持っている。この真ん中に莫大な放射能が溜まっていると、放射線が出たら最終的に熱になる。その熱(崩壊熱あるいは残留熱と呼ぶ)をうまく取り除かないと、全部溶けてしまう。これが原子力発電の一番やっかいな点です。 17:45 1号機の電気出力46万kW。要するにタービンをぐるぐる回して出てくる電気の量が46万kW。原子炉の中でどれだけの熱が出ているかというと、運転中が46万kWだったとするとその3倍、だいたい120万kW。原子力の発電効率は非常に悪くて3分の1。原子炉の中では3倍の熱が出る。 18:30 (スライド:全交流電源喪失→炉心冷却不能がおきたら) 18:30(スライド:BWRの構造図) 核分裂が止まったときどれくらいの熱がまだ発生しているかというと、その6%か7%、ですから10万kWくらいの発熱があります。その熱をうまいこと取り除いてやらないと溶けてしまう。ポンプが止まって、崩壊熱が冷やせなくなって、メルトダウン。 19:20 (燃料棒の説明) 20:35 燃料棒の鞘の金属、ジルコニウムは1000度を越えると水とよく反応する。酸素とジルコニウムがくっついて酸化ジルコニウム。結局、水とジルコニウムの反応で、水素が生じる。 21:35 最終的に放射能を閉じ込める役割をするのはこの格納容器。この中の温度、圧力が上がっているぞと。(燃料集合体が)高温になって溶けてしまうのがメルトダウン。厚さが15cm、20cmの鋼鉄製のお釜と言いましたけれど、これが溶けてしまうのがメルトスルー。 22:20 メルトダウン、メルトスルーが1号機では11日の夜から多分始まっていたと思います。 …