「 ロボット工学・人工知能 」 一覧

no image

MARCHってくくるのいい加減やめません?

AI vs. 教科書が読めない子どもたち 「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」という本が評判です。著者は「東ロボ」くんプロジェクトリーダーの国立情報学研究所教授で、こどもの国語教育の危機を憂える内容です。ネット上のレビューでは、この本を絶賛する声ばかりです。 しかし、自分はこの本の帯の「人工知能はすでにMARCH合格レベル」という偏差値偏重意識が結晶化したような文言に驚きを禁じえませんでした。 正解は、 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ①Alexです。 この問題はAIロボットも正解。一方、中学生の正答率は半数に達していません。 中学生がAIに勝てない理由とは。https://t.co/i0DCUx4OCn … pic.twitter.com/Q9A2CWfKb4 — 東洋経済の本 (@toyokeizai_book) 2018年2月8日 MARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学をまとめた呼称)は、もともと受験産業関係者が作り出した言葉だそうです。 この呼び名の発案者は、旺文社で「蛍雪時代」など受験情報誌を作っていた代田恭之さんである。1960年代のことだ。 ‥ 講演で聴衆が眠くならないよう、インパクトがある名称を考えたかったのです。受験生に大学を身近に感じてもらうよう、そして、つらい受験勉強を和ませてあげようという思いからです。いくつかの大学を同じような難易度、似たような歴史と伝統、そして近隣地域で組み合わせて、グループ分けしました。 ‥ MARCHは一部の受験関係者の間で使われていたが、それほど広まったわけではない。1980年代まで新聞、雑誌に登場することはほとんどなかった。 ‥ 高校や予備校の進路指導でMARCHという言葉がぼちぼち使われはじめたが、十分に行き渡っていなかった。2000年代になってようやく、メディアでみられるようになった。‥ 「早慶MARCH関関同立 伸びている私立高校(「週刊朝日」2004年4月30日号) (小林哲夫 著 『早慶MARCH 大学ブランド大激変』 朝日新聞出版) 偏差値が似た大学をひとくくりにしたこの呼び方が、MARCHに限らずいくつか考案されており、今の日本で定着してしまっています。考案された当初は、受験生にとって良かれと思ってのことだったのかもしれません。しかし、受け手側の問題として、このように偏差値で複数の大学をひとくくりにして見ることが当たり前になってしまい、日本人の意識が偏差値漬けになってしまいました。公立高校のウェブサイトでも頻繁にMARCHという言葉を見かけますが、いやしくも教育者たるものが使うべき言葉ではないでしょう。それなのに、予備校関係者(営業)や高校生や受験生が使うのならいざ知らず、高校の先生どころか、国立大学の先生までもが使ってしまうとは。しかも、本書は子供の学校教育の問題に関する本です。 「東ロボくん」は、東大には合格できませんが、MARCHレベルの有名私大には合格できる偏差値に達しています。(新井 紀子『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』東洋経済新報社 2018/2/2) あるべき教育を論じた本の中で、偏差値による大学の格付けを当たり前のこととして読者の意識に刷り込むような言葉遣いをしていることは、看過できません。 独自の教育理念を持って教育にあたっている私立大学をいっしょくたにしてMARCHと呼ぶだけでも大学関係者に対して失礼極まりないし、さらに、MARCHレベルなどと表現することにより日本に蔓延する偏差値信仰の悪弊を増長させるのは、教育者として極めて不適切な行為ではないでしょうか? この本は、東洋経済新報社という大手出版社から発行されていることを考えると、「MARCHレベル」という言葉は著者だけでなく、編集者や校正など多くの人を素通りしたのでしょう。オトナがみな麻痺しているというのは、重大な問題です。 偏差値偏重の風潮を助長する東ロボくんプロジェクト 東ロボ報道の中にも、日本を覆う偏差値偏重が見てとれます。公立高校は進学実績をアピールするために、その気がない高校生にも無理やり国公立大学を受験させようとする圧力がありますが、新聞記事の中で「私大なら合格できる」というのも、国公立大学が私立大学よりもレベルが上という、おかしな認識を当然のこととした言葉遣いです。 大手予備校の代々木ゼミナールの判定では「東大の合格は難しいが、私立大学には合格できる水準」だった。( …

佐藤天彦名人がPONANZAに2連敗し電王戦に幕

第2期電王戦のプレビュー(12:54) 【ニコニコ動画】【第2期電王戦】佐藤天彦 叡王 vs 電王PONANZA   将棋のプロ棋士(第2期叡王戦の優勝者)とコンピューターソフト(第4回将棋電王トーナメント優勝ソフト)が対戦する第2期電王戦二番勝負の第2局が2017年5月20日に、兵庫県姫路市の姫路城で行われました。佐藤天彦名人(29)は将棋ソフトのポナンザに破れ、電王戦は人工知能ポナンザが覇者となりました。 2017年5月20日 第2期電王戦二番勝負第二局 佐藤天彦 叡王 対 Ponanza 棋譜 【ニコニコ動画】気になる棋譜を見ようその1023(佐藤叡王 対 Pona) なお、電王戦はこれで幕を閉じることになるそうです。人工知能が人間の頭脳を凌駕してしまった結果、将棋ソフトx棋士の戦いが互角には成立しない時代になってしまったのでしょう。   佐藤名人がソフトに完敗 将棋電王戦が終了 KYODO NEWS 【共同通信社】2017/05/20 に公開   記者会見での山本一成氏のコメントの一部、および佐藤天彦名人の電王戦6年間を包括するコメント (出典:YOUTUBE動画 PONANZA、佐藤名人に完勝! 山本一成のコメント「将棋ソフトは暴力的に強くなったので、もう羽生さんとは対局しなくても・・」 )   報道(第二期電王戦第2局の結果) 速報:電王戦第2局もPonanzaが勝利。序盤は佐藤叡王が優勢で進んだものの、受けきれず惨敗 コンピューターはもうプロ棋士レベルを優に超えてしまったってこと (japanese.engadget.com 2017/05/20):佐藤叡王の先手で始まった本局は、☗2六歩と飛先を突き、これに対しPonanzaは☖2四玉と第1局のような玉が上る展開。これには解説陣や会場もどよめきましたが、☗2六歩に対しPonanzaが指す9手の中の1つだそうです。 電王戦 佐藤名人が人工知能に敗れ人間大きく負け越し(NHK NEWS WEB 5月20日 20時27分):現役のタイトル保持者と人工知能が初めて対戦した将棋の電王戦二番勝負は、20日に行われた第2局で、佐藤天彦名人が、人工知能のPONANZAに再び敗れました。 将棋電王戦 ソフト連勝で幕 佐藤名人「思いつかない手」(毎日新聞 2017年5月20日 19時37分(最終更新 5月21日 00時48分)):コンピューター将棋ソフトと棋士が戦う第2期電王戦二番勝負第2局は20日、兵庫県姫路市の姫路城で行われ、ソフトのPONANZA(ポナンザ、開発者・山本一成氏と下山晃氏)が佐藤天彦(あまひこ)名人(29)に94手で勝って2連勝を飾った。 佐藤天彦名人、人工知能に敗北決定 将棋・電王戦(朝日新聞DIGITAL 2017年5月20日21時21分):将棋の棋士と人工知能(AI)が戦う第2期電王戦二番勝負(ドワンゴ主催)の第2局が20日、兵庫県姫路市の姫路城で行われ、佐藤天彦(あまひこ)名人(29)がPONANZA(ポナンザ)に敗れた。これでポナンザの2連勝となり、将棋界の頂点に立つ名人の敗北が決まった。 最後の電王戦 将棋ソフトが名人に連勝(日本経済新聞 2017/5/20 19:36 (2017/5/20 23:49更新)):将棋の第2期電王戦二番勝負第2局が20日、兵庫県姫路市の姫路城で指され、後手のコンピューターソフト「PONANZA(ポナンザ)」が第1局に続き佐藤天彦名人(29)を破った。 佐藤天彦名人、ポナンザに2連敗…将棋の電王戦(@niftyニュース/読売新聞 2017年05月20日 20時22分)将棋のプロ棋士とコンピューターソフトが戦う第2期電王戦二番勝負第2局が20日、兵庫県姫路市の姫路城で行われ、ソフトのポナンザが佐藤天彦名人(29)を94手で破った。 佐藤天彦名人が将棋ソフト「PONANZA」に連敗(日刊スポーツ 2017年5月20日19時48分):将棋のプロ棋士、佐藤天彦(あまひこ)名人(29)とコンピューターソフト「PONANZA(ポナンザ)」の2番勝負、第2期電王戦最終第2局が20日、兵庫県姫路市の姫路城で行われ、先手の佐藤名人が94手で敗れた。 最後の電王戦 佐藤名人がソフトに完敗「期待に応えられなかったのは残念」/将棋(サンスポ SANSPO.COM 2017.5.20 …

Alpha Goが日中韓のトップ棋士らに60戦60勝

2016年12月29日から31日にかけて韓国のインターネット囲碁サイト「Tygem(東洋囲碁)」にMagisterというIDの”棋士”が突如現れ、中国の柯潔九段や韓国ランキング1位の朴廷桓(パク・ジョンファン)九段ら世界トップ級棋士と対局し30戦全勝しました。その後、中国の囲碁サイト「野狐囲碁」にMasterというIDで出現し、トップ棋士らとさらに30戦を戦い、合わせて60戦60勝としました。 Masterという怪物が世界チャンピオンを始めとするトップ棋士達に40連勝!! 日本最強がMasterに挑む。頑張れ! 野狐で中継中 https://t.co/xti1rBcUEN — 野狐囲碁 (@webigojp) 2017年1月2日 中央日報日本語版や人民網日本語版が報じた、MagisterやMasterと対戦したとされる棋士 中国 柯潔(ケ・ジェ) 九段 3回対戦 「『アルファ碁』最新版が囲碁界を震撼させるほどの実力を見せてくれたことに感謝する!最初から正体を知っていた者としてはこのテスト戦で一局だけでもいいから人類が勝つことを切望した。入院してなかったら、一週間かけて用意した最終手段を繰り出すつもりだったのに」(人民網日本語版 2017年01月05日15:43) 韓国 朴廷桓(パク・ジョンファン)九段 5回対戦 日本 井山裕太 九段 韓国 安成浚(アン・ソンジュン)九段 「昨年3月のアルファ碁より今のアルファ碁が強くなっているのを感じる。プロ棋士より一つ上だという感じがした」(中央日報日本語版 2017年01月05日15時25分) 韓国 朴永訓(パク・ヨンフン)九段 韓国 金志錫(キム・ジソク)九段 「アルファ碁はとてつもなく強い。私では相手にならないようだ」(中央日報日本語版 2017年01月05日15時25分) 中国 柁嘉熹(トゥオ・ジャシ)九段  中国 時越 九段 中国 古力 九段 「以前から私たちが考えていた永遠に変わらない囲碁の定石と真理がマスターの出現で完全に破壊されるという変化が生じた。それでも美しい明日を迎えに行こう」(中央日報日本語版 2017年01月05日15時25分) 中国 范廷鈺 中国 常昊 中国 芈昱廷 中国 唐韋星 中国 江維傑 中国 周睿羊 韓国 元晟溱(ウォン・ソンジン) 韓国 姜東潤(カン・トンユン) 中国 陳耀燁 MagisterとMasterの正体は実は進化したアルファ碁(Alpha Go)だったことを、ハサビス氏がツイッターで明らかにしました。今後の公式戦に備えて、インターネット上でテストを行っていたそうです。 Excited to share …

ディープラーニング(Deep Learning 深層学習)とは?人工知能研究における革命的な技術

〔サイエンスZERO〕人工知能の大革命!ディープラーニング〔Science Zero〕 【SoftBank World 2016】 人工知能は人間を超えるか 松尾 豊 氏   Demis Hassabis: Artificial Intelligence and the Future 参考 韓国人プロ棋士イ・セドル(Lee Sedol)九段と人工知能「アルファ碁」(AlphaGo )との戦い:グーグルディープマインドチャレンジマッチ2016年3月9日ー15日 Silver et al., Mastering the game of Go with deep neural networks and tree search. Nature 529,484–489(28 January 2016) …

東ロボくん、東大合格をあきらめる

報道によれば、2022年春までに東京大学に合格することを目指してきた人工知能「東ロボ」君が、東大合格を諦めたことがわかりました。 報道 人工知能「東ロボくん」 東大を断念(NHK NEWS WEB 11月8日 18時09分):”これまで順調に成績を伸ばしてきた東ロボくんですが、教科書などの情報と検索技術によって正解にたどりつく世界史などは得意な一方、文章の意味を理解して、問題文を読み解く「読解力」がなかなか向上しませんでした。このため国語や英語などの科目では、今後の成績向上に限界があり東大合格の水準にあたる偏差値70以上にまで成績を上げることは現在の技術では難しいと判断したということで、ことしで東大合格は諦め、“進路変更”を決めました。” 人工知能「東ロボくん」が東大合格を断念(産経ニュース2016.11.8 22:02更新):”国立情報学研究所の新井紀子教授は「東ロボくんは高校生の8割より良い成績になったが、読解力に問題があり(東大合格に必要とされる)上位1%以上にはなれない。今後は記述式試験を解くための研究などに集中したい」としている。” 関連記事 「ロボットは東大に入れるか」の東ロボくんが模擬試験を受験~人間がロボットに追い抜かれる日 November 16, 2015 ロボットは東大に入れるか。Todai Robot Projectの社会的影響 November 27, 2013 東ロボくん、センター試験代ゼミ模試、代ゼミ東大模試で「なりふり構わぬ行為」November 25, 2013  現在偏差値45の「東ロボ君」が東大に合格できる日は来るのか? November 23, 2013 参考 ロボットは東大に入れるか。Todai Robot Project ”「ロボットは東大に入れるか」は、2011年より大学共同利用機関 情報・システム研究機構 国立情報学研究所のグランドチャレンジプロジェクトとして始まりました。その予算は、国立情報学研究所の研究資金によって運営されています。” 参考(予備校) 「第一志望は、ゆずれない。」駿台予備学校 「志望校が母校になる。」代々木ゼミナール 「自分のトップ校へ行こう。」栄光ゼミナール 「自分の可能性と勝負する。」河合塾 「何を学ぶか。誰に学ぶか。」東進ハイスクール 「本気になれば、世界だって変えられる。」早稲田アカデミー 「なんで、私が東大に!?」四谷学院 「現役合格を保証します。」城南予備校 「応募資格 東京大学進学を志望する生徒」N塾 東大合格シェアハウス 東京大学合格に絶対必要なこと「志望校はゆずらない。東京大学に合格を目指す人は、まず第一に志望校を東京大学に決めなければなりません。」東京大学受験専門 家庭教師センター 「勉強ができる、できないはひとえに文章を読む力と、理解力にかかっていると言っても過言ではありません。」予備校 みすず学苑 …