「 ライフサイエンステクノロジー 」 一覧

オプトジェネティクス(Optogenetics 光遺伝学)研究の歴史 

オプトジェネティクス(光遺伝学)は、光照射によってイオン透過性が制御されるチャネルやポンプの遺伝子を神経細胞に発現させて、光によって神経活動を亢進させたり抑制させたりする技術です。特定の神経細胞だけを特定のタイミングで活動させたり抑制することができるため、脳の働く仕組みを理解するのに役立ちます。また、非侵襲的な刺激方法がどの程度可能なのかがはっきりしませんが、精神疾患の治療に役立てたいという期待も存在します。   ピーター・ヘーゲマン(Peter Hegemann)博士 オプトジェネティクスで使われるツールを最初に開発したのは、ピーター・ヘーゲマン(Peter Hegemann)博士の研究室でした。 Peter Hegemann | 2016 Massry Prize Lecture Harz & Hegemann 1991 Nature Nagel et al., 2002 Nagel et al., 2003 Kato et al., 2012 Wieteck et al., 2014 Science with M. Elstner Wietek et …