動画で学べる笑顔の作り方とトレーニング方法

      2019/01/05




世の中にはいつも明るい笑顔の人もいれば、いつもしかめっ面な人、いつも自信なさげな人、さまざまな表情の人がいます。普段の顔の表情でその人がどんな人なのか判断されているわけですから、いつも顔の表情が暗い人は、損な人生を生きていることなりそうです。

実験だけが仕事であれば別に笑顔で顕微鏡を覗く必要も笑顔でPCRをかける必要もないので構わないのですが、実際には研究者は他の研究者と関わることが多いですし、学生を相手にする場合には怖い印象を与えていると学生が心を開いてくれません。ラボのボスがいつも不機嫌な表情か、いつも笑顔かで、ラボ内の雰囲気は随分変わり、ラボで働く人たちの士気にも影響します。どんな立場であれ、笑顔の人の方が周りから好かれます。周りから好かれているほうがラボ生活が楽しくなりますし、研究というのはおもいのほか他人と共同で行う作業が多いので、結果的に研究も円滑に進みはかどります。話しかけられやすい人には周りから自然と情報が集まるし、話掛けられにくい人は、「自分だけ聞いてなかった」ということになりかねません。そんなわけで、笑顔になるためのトレーニングを紹介します。

良い表情の笑顔を実現するためのトレーニング

鶴屋百貨店の案内係が教える 面接で差がつく笑顔のトレーニング【鶴屋ラララ大学】

上の動画のメモを書いておきます。紹介された3つの運動をそれぞれ1日3回、毎日行うと笑顔のトレーニングになるのだそうです。

風船ふくらませ体操

【期待される効果】口の周りの筋肉がほぐれ、口角が上がりやすくなる。

【やりかた】口の中に空気を含み、右に3秒、下に3秒、上に3秒、下に3秒

目元の筋肉をほぐす運動

【期待される効果】目元の表情が良くなる。

【やり方】:眼をぎゅーっと閉じて4秒、5秒目にぱっと大きく開く。

眉周りの筋肉をほぐす運動

【期待される効果】やさしい印象を与える表情に。

【やり方】人差し指で1をつくって、眉の上に指を横にのせて下に押し下げる。それに対抗するように目を大きく開き上を見る目線にして、5秒間持続。

実際にやってみると、結構ほぐれたという実感がありました。自分はわりと無表情で笑わない生活が長すぎて顔の筋肉がかたまちゃっていたのではないかと思いますが、この体操を試してみたら、だいぶやわらかくなりました。

口角をあげて笑顔をつくる方法

笑顔になるために口角をあげなさいとよく言われます。口角だけあげても、顔全体が無表情だったり暗かったりしたら、むしろ不気味に見えるだけなんじゃないの?と思いますが、笑顔を作るためには口角をあげるだけじゃなくて、もうひとくふうすれば自然になるそうです。その秘密が下の動画で紹介されていました。

楽しそうに見える笑顔の作り方 丸山久美子

  • 上手にあがりを隠して人前で堂々と話す法 丸山 久美子著 2017年12月8日  同文舘出版

口角を上げること+アルファの中身は、下瞼をあげてみましょうということでした。試しに自分でもやってみましたところ、たしかにこれは、笑顔が自然に見えるという劇的な効果があります。というか、鏡を見て実際に試したら、鏡に映った自分の笑顔があまりに自然なので、気分が変わって本当に心から笑顔になってしまいました。鏡に映る自分の笑顔が、自分に伝染したようです。笑顔をつくるテクニック、恐るべし。

特に、鶴屋ラララ大学で紹介されている「体操」で顔の筋肉や皮膚をほぐしたあとで、これを試すと、結構自然な笑顔が作れます。自分のように普段、暗くて無表情で怖いという印象しか周りに与えていない人間でもかなりの効果があったので、万人にお勧めできそうです。

割りばしを用いた笑顔トレーニング

割り箸を歯に挟んでむりやり口を広げて、口角をあげましょうというトレーニングをよく見かけます。これやってみてわかりましたが、普段あまり表情豊かでない自分がいきなりやるとめちゃめちゃ苦行です。ところが、上で紹介した「風船ふくらませ体操」をやってから試すと、驚くほど楽にできました。鶴屋恐るべし。

割り箸トレーニングで口角アップ!表情筋を鍛えて美しい笑顔に

あの人も実践していた、笑顔をつくる練習

自分の場合、ある程度仲良くなったあとで、初対面のときは怖い人だと思ったといつも言われます。一回しか会わない人とは、怖そうな人、話しかけづらそうな人、で終わっているということでしょう。これって、就職のときの面接試験では致命的にマズいです。

同じように完璧なプレゼンをした二人の候補者のうちの一方が採用されたその違いは何だったのでしょうか?おそらくそれは、笑顔、聴衆とより多くアイコンタクトをとったこと、または、問題とその解決を述べたときのより多くの熱意だったのでしょう。(成功するジョブトーク(面接セミナー)のやり方 英語原文の引用元:sciencemag.org)

職場や学校などずっと一緒にいることになる人であっても、その人と仲良くなるのに非常に長い時間がかかるのでやはりもったいないです。人と関わるプロフェッショナル(つまり全ての社会人)は、笑顔を作ることも意識してできるんだと気づかされました。

(中村)天風先生はいつもいつも鏡のことをおっしゃっているんですけれど、ある方は、先生ほどの方が、毎晩毎晩鏡に向かって、笑顔を作るなんて子供じみたことをなさるわけがない、自分たち弟子に言っているだけだと思われたんですね。ですから、合宿でご一緒のとき、そっと就寝前の先生のご様子をうかがっていたんですって。そうしたら、先生、本当に子供みたいに真剣なお顔で、鏡に向かって笑顔を作っていらしたそうなんです。(園田天光光『へこたれない心』 学研 / 笑顔の習慣 2013-05-31 人の心に灯をともす)*太字下線強調は当サイト

 


 - 研究生活, 研究生活ライフハック, ライフハック