東京大学分子細胞生物学研究所(旧)加藤茂明研究室における論文不正に関与した教員らは懲戒処分(相当)

      2017/03/15

2017年(平成29年)3月3日に東京大学が発表したところによれば、東京大学分子細胞生物学研究所(旧)加藤茂明研究室で起きた論文不正に関与した教員らは懲戒処分に相当するという判断が下されました。当時の教授、准教授、助教授、特任講師の4人は懲戒解雇相当、助教が論旨解雇相当という判断です。

 

参考

  1. 懲戒処分(相当)の公表について 平成29年3月3日 東京大学 東京大学は、「東京大学分子細胞生物学研究所・旧加藤研究室における論文不正に関する調査報告(第一次)」(平成26年8月1日公表)および「東京大学分子細胞生物学研究所・旧加藤研究室における論文不正に関する調査報告(最終)」(平成26年12月26日公表)の裁定に関連し、当該関係者が本学在職中に行った不正行為について、仮に在職者であったとする場合に懲戒事由に該当する不正行為であったのかを調査した結果、東京大学教職員就業規則(平成16年4月1日東大規則第11号)第39条に規定する懲戒処分に相当するものと判断し、2月17日付けで、下記の通り懲戒処分相当を決定し通知した。元教授 加藤 茂明 懲戒解雇相当 元助教授 栁澤 純 懲戒解雇相当 元准教授 武山 健一 懲戒解雇相当 元特任講師 北川 浩史 懲戒解雇相当 元助教 高田 伊知郎 諭旨解雇相当
  2. Forty-Three University of Tokyo Papers Are Tainted, Says Japanese News Report (By Dennis Normile Science News Jul. 25, 2013 , 1:30 PM):”A leading Japanese newspaper reported today that a University of Tokyo investigative committee has identified 43 papers by a former university researcher that contain falsifications and fabrications.”

 

報道

  1. 東京大元教授ら5人に懲戒処分相当 論文捏造や改ざんで (朝日新聞DIGITAL 2017年3月3日22時12分):”5人はすでに退職している。このうち、退職金を受け取った3人には自主返納を求める。”
  2. 論文不正問題 東大元教授ら5人処分 (毎日新聞2017年3月3日 18時45分):”処分対象の全員が既に退職し、退職金を自主返納した人もいるという。…東大によると、加藤氏の研究室が受け取った公的な研究費のうち、不正な論文の執筆に関連する約200万円を国側に返還したという。”
  3. 東大、辞職の元教授を懲戒解雇 論文不正で5人処分 (東京新聞 TOKYO Web 2017年3月3日 18時55分):”処分は2月17日付。退職金を払った人には返還を求める。”
  4. 元教授ら懲戒解雇相当=論文33本に不正-東大 (時事ドットコムニュース 2017/03/03-16:47)
  5. 東大 研究不正の元教授らに懲戒解雇相当などの処分 (NHK NEWS WEB 3月3日 20時42分)

 

オピニオン

  1. 東京大学の処分で見えた最高学府の凋落 臭いものには蓋、正直者は徹底懲罰・・・ (上 昌広 JBPRESS 2017.3.8 ): “東大の加藤元教授への対応と、医学系研究科への教授の対応はダブルスタンダードだと思う。自ら引責辞任した教授が、退職後も懲戒解雇される一方、頬被りを続けている教授が、現職にとどまり、学会において出世していくのは誰が見てもおかしい。”

 

当サイトの関連記事:東京大学分子細胞生物学研究所加藤茂明研究室における論文不正問題

  1. 東京大学分子細胞生物学研究所(旧)加藤茂明研究室における論文不正に関与した教員らは懲戒処分(相当) (2017年3月3日)
  2. 研究不正が認定された加藤茂明研究室6人の博士号取得者のうち不正の度合いが大きい3人の学位を東京大学が取り消し(2015年3月27日)
  3. 東京大学が分子細胞生物学研究所・加藤茂明研究室における 論文不正に関する最終調査報告を発表 (2014年12月26日)
  4. 東大分生研加藤茂明研究室の論文不正問題で加藤(元)教授が実験ノート捏造を指示:東京大学科学研究行動規範委員会が結論 (2014年8月1日)
  5. 2008年12月 日本分子生物学会 若手教育シンポジウム 記録全文 『今こそ示そう科学者の良心2008 -みんなで考える科学的不正問題- (2013年12月29日)
  6. 2013年分子生物学会年会は研究不正問題にどう向かい合ったのか?  (2013年12月24日)
  7. 加藤茂明研究室の論文不正問題に関して東大がようやく中間発報告を公表 (2013年12月26日)
  8. 加藤茂明 元東大教授がフライデー誌に真情を吐露 (2013年12月26日)
  9. 加藤茂明研究室から出された51報の「不適切」な論文リスト (2013年12月26日)
  10. 加藤茂明 元東大教授、研究不正の背景を語る (2013年7月25日)

 

当サイトの関連記事:東京大学分子細胞生物学研究所におけるその他の研究不正疑惑

  1. 櫻井充議員の『東京大学の研究不正の調査のあり方に関する質問主意書』(平成二十八年十月十二日)および及び答弁書(平成二十八年十月二十一日)(2016年10月28日)
  2. 匿名の告発を受けた医学部教授ら6人の不正疑惑論文22報に関して東京大学が本調査を実施へ (2016年9月20日)
  3. 東大分生研教授のNatureなど7報、東大医学部教授のNature communicationsなど4報の不正疑惑を指摘する告発文書を東大が受理、予備調査へ (2016年9月5日)

 

(Visited 71 times, 1 visits today)

 - 東大分生研論文不正事件, 論文データ捏造