論文不正告発を受け東京大学が調査委員会設置

      2018/04/28




読売新聞の報道によれば、東大の論文に関して新たな不正の告発があり、東京大学は調査委員会を設置しました。論文の図の不自然さを指摘された論文は、東大医科研が2011年に海外科学誌に発表した胚性幹細胞(ES細胞)に関するものです。研究不正を精力的に追及しているブログ「世界変動展望」によれば、問題の論文はCell Cycle 10(21):3706-3713で、出版年、内容、所属、撤回日が報道内容に合致します。

Satona Ohno, Masaki Shibayama, Mitsuharu Sato, Akinori Tokunaga & Nobuaki Yoshida. Polypyrimidine tract-binding protein regulates the cell cycle through IRES-dependent translation of CDK11p58 in mouse embryonic stem cells. Cell Cycle Volume 10, 2011 – Issue 21 Pages 3706-3713 | Received 13 Jul 2011, Accepted 29 Aug 2011, Published online: 01 Nov 2011 (Taylor & Francis Online)

Author information Laboratory of Developmental Genetics, Center for Experimental Medicine and Systems Biology, Institute of Medical Science, University of Tokyo, Tokyo, Japan. (Pubmed)

この論文の図の不自然さはPubPeer.comで指摘されおり、論文の責任著者が撤回の意思を表明していました。論文撤回は2016年11月1日に編集部によりなされました。

Editorial Retraction Published online: 01 Nov 2016

We, the Editors and Publishers of Cell Cycle, are retracting the following article:

Satona Ohno, Masaki Shibayama, Mitsuharu Sato, Akinori Tokunaga, Nobuaki Yoshida. “Polypyrimidine tract-binding protein regulates the cell cycle through IRES-dependent translation of CDK11 in mousin embryonic stem cells Cell Cycle 10.21 (2011): 3706-3713 http://tandfonline.com/doi/abs/10.4161/cc.10.21.17903.

We are now cognizant of irregularities, as identified by the authors, in figures 2A, 3B, 5C, and 4D of the above work that are relevant to its results. The authors report that these errors directly affect the interpretations of the paper, warranting its retraction.

We note that we received, peer-reviewed, accepted, and published the article in good faith.

報道

  1. 東大新たに論文不正か…細胞研究、調査委設置へ(読売新聞YOMIURI ONLINE 2016年11月05日 10時15分):”1日には、実験データを示す画像に不自然な加工があることなどを理由に、掲載雑誌が論文の撤回を発表している。…関係者によると、医科研の論文は2011年に海外の科学誌に掲載されたES細胞(胚性幹細胞)の性質に関する研究で、今年10月までに2度の告発が東大や文部科学省に寄せられた。”

参考

  1. 元東大医科研らの論文の捏造、改ざんに関し東大が調査委設置!(世界変動展望 2016-11-05)
  2. あなたはだいじょうぶ?データ捏造ラボラトリーひとくちメモ(19))

 - 論文データ捏造